Posted by at

2013年06月19日

第1チャクラ ムーラーダーラ・チャクラ



第1チャクラ ムーラーダーラ・チャクラ

身体部位:
筋肉全般・背骨の底部・腰・骨格・両足・直腸・免疫系

精神的力:
家族との絆・サバイバル能力・安心感・秩序・掟を守り守らせる力・寛大さ・勇敢さ・誠実さ・精神的な居場所・活力・元気

身体的問題:
慢性の腰痛・座骨神経痛・直腸の問題・うつ病・免疫系の疾患


第1チャクラを語る上でます最初に強調しておかなければならないことが、このチャクラが上位6つのチャクラのエネルギー源であるということだ。

全チャクラの電力の発電所と思ってもらっていい。発電所が問題なく稼働しているからこそ各家庭に電力が供給されるのと同じように、第1チャクラが問題なく稼働して初めて、上位6つのチャクラにエネルギーが供給される。

もし、この第1チャクラにエネルギー的な問題が生じれば、それは即座に全チャクラにエネルギーエラーが生じることを意味する。

他のチャクラに深刻な問題があったり、魅力的な能力や力があったとしても、まずは先だって第1チャクラのエネルギーバランスを回復し常に健全に保つことが極めて重要になってくる。


俗に言われるサイキックやヒーラー、またスピリチュアルリスト達は、時としてこの第1チャクラを軽んじる傾向にあるが、決して第1チャクラを軽視してはならない!

なぜなら、ここ第1チャクラは上位6つのチャクラの活動に必要なエネルギーを供給できる唯一のチャクラだからだ!

つまり、第1チャクラの健康なくして上位6つのチャクラの健康は絶対にないと言っていい。

また、ここ第1チャクラには 『自己治癒力』 が備わっている。
自己治癒力とは、それが肉体的であれ精神的であれ、自分自身の自然的力でその問題を癒そうとする力である。簡単に『癒す力』と言ってもいい。

また、第1チャクラには 『生命力』 も備わっている。
西洋医学、東洋医学に問わず手術や治療を施した後に、最終的にその者の回復を決定づけるのはその者の『生命力』だと言う。

つまり、どんなに身体的精神的な問題を癒そうとしても、その根本に『自らを癒す力』と『生命力』がなければ、ヒーリングは生じないのである!


では、ここで一旦話を戻そう。
ここ第1チャクラは上位6つのチャクラの活動に必要なエネルギーを供給することのできる唯一のチャクラだと話した。

簡単な話し、このチャクラに元気と活力が備わっているのである。
日々、元気一杯に活力に満ちたければ、第1チャクラのエネルギーバランスを健全に保てばいい。

よって、上位6つのチャクラのいずれかまたは全てが高いエネルギー状態に入ろうとした時も、第1チャクラのエネルギーが大量に必要になる。


現実に即した形で表現しよう。
例えば、第4チャクラに影響を与えるサプリメントを飲んだとする。第4チャクラは肉体的には心臓や肺などを司る。また精神的には信頼や希望を司る。

第4チャクラに影響を与えるサプリメントを飲めばこれらの身体的機能や能力、また精神的機能や能力が高まることになる。こうなった時に、第4チャクラはその活動や癒しに必要なエネルギーを第1チャクラに要求するのである。

もしこの時、第4チャクラがその活動や癒しに必要とするエネルギーを第1チャクラが供給できないとしたら?

第4チャクラは正常な活動も行えないし癒しも生じないことになる・・・


これはチャクラの動きのほんの一例にしか過ぎない!


もしあなたが何かしらのサプリメントを1ヶ月飲んで効果を全く体感できないのなら以下のことを疑ってみるべきだ!


①そのサプリメントに製品力がない
②体が痛み過ぎてサプリメントの栄養を受け取りきれない
③体にサプリメントを吸収するだけの吸収力がない
④第1チャクラにそのチャクラの変化や癒しを支えるだけのエネルギーがない



①の問題解決は至って簡単だ! 製品力に優れ信頼できるサプリメントに切り替えればよい。

②のケースでは、①ほど単純ではない。
我々の体は、深刻に痛み過ぎていたり、老いによって肉体が老化していた場合、サプリメントという高度な栄養を体が受け取りきれなかったり、受け付けなかったりすることが多々ある。

この場合の解決策だが、体に自己調整の時間を与えてやる事で問題は解決する。
つまり、サプリメントを飲んだらその栄養を受けとり調整する時間を体に与えてやるのである。具体的には1日置きにサプリメントを飲むのだ。

また、1週間に2回のペースで飲んでもいい。
サプリメントを飲んで効果を体感できず、自分は②に該当するかも? と思ったら試してみるだけの価値はある。

だがこの場合は、必ず経験豊かなスーパーバイザーに相談しその指示に従うことをお勧めする。決して独断でサプリメントの飲む量を減らしたりしないように気を付けてくれ。

③のケースでは、以前に書いた記事『サプリメントを吸収できる体を作ることが始めの一歩』を参照してくれれば解決するだろう。

④のケースだが、この問題を解決する方法はいたって単純だ! 第1チャクラのエネルギーを回復しその活動を健全に保てばいい。


具体的にその方法をいくつか紹介しよう。

①第1チャクラに対応した赤色を集め眺める
②第1チャクラに対応したヨーガを日々行う
③日々正しい冥想を行う
④軽い運動を日課にする
⑤第1チャクラに対応した栄養を補給する


では、次に第1チャクラに対応した栄養を紹介しよう。

①タンパク質
②カルシュウム
③マグネシウム


他にもあるが、上記の3つの栄養素が最も代表的な栄養素となる。
このどれがよいかと聞かれると、全てである! 上記3つの栄養素に優劣はなくどれも等しく体と心、つまりチャクラに必須な栄養素である。


古代より色や音、香りや体操がチャクラにポジティブな影響を与えるとされてきたが、同時に栄養素もチャクラに多大な影響を与えることが分かっている。
古代より心身の健康を促進するためにハーブや薬草が幅広く活用されてきた。

現代ではサプリメントがその総合体である。
あなたがもし第1チャクラにワークしたいのなら、手始めに『プロティン』から初めてみることだ。


プロティンというと太る、ボディービルダーが愛用する飲み物というイメージが定着しているが、決してそんなことはない。

プロティンで太ることはないし、何もボディービルダーだけが飲むものでもない。だが、元々体重が足りなかった人が正常な体重に戻るために、太った! と感じることがあることは確かだ。

また、一口にプロティンと言っても、
・ホエイプロテインコンセントレート(WPC)
・ホエイプロテインアイソレート(WPI)
・加水分解ホエイペプチド(WPH)
・カゼインプロテイン
・ソイプロテイン
・エッグプロテイン


などいろんなプロティンがある。それぞに特徴はあるが俺的お勧めプロティンは『ソイプロティン』だ。
原料に大豆を使用してあるプロティンで何に溶かしても飲みずらい・・・ というデメリットはあるものの食物から吸収されたタンパク質は第1チャクラに極めてポジティブな影響を与えるだろう。


もし、あなたが第1チャクラの浄化や癒し、そして開発に興味があり第1チャクラのエネルギーをバランスよく健全に保ちたいのならば、まずはプロティンだ!

きっと心身の活力とその安定感を気にいることだろう。


では諸君(^^)/ 共にパワフルで元気な体を作っていこうじゃないか

それではまた次回
アディオス・オミーゴ(@^^)/~~~
  


Posted by Besu3203 at 11:11Comments(1)チャクラ

2013年06月13日

健康に欠かせないチャクラという存在

まず健康を語る上で必要になってくるのが『健康という言葉』の定義だ!

健康と一口に言ってもその定義は人それぞれと言っていい。医師が定める健康と我々が言う健康は少しばかり違う。医師の健康の定義はどうであれ、我々の健康の定義はこうだ! 「病気じゃなければ健康」・・・

まぁ病気がなく元気なら健康でいいだろう(^^♪

今後、無駄な言葉遊びを避ける為に、当ブログで言う健康とは「病気やケガをしておらず元気な状態」ということで統一したい!


さて、文字通り開幕早々に言葉遊びをしてしまったが、そろそろ本題に入ろう!

健康を語る上で古今東西を問わず重視されてきたのが、チャクラという存在である。『チャクラ』とは古代ヒンドゥー教にあるヨーガの教えの一つで、中国ではツボとして知られている。

人体には何千何万というツボ(チャクラ)があり、そのツボから宇宙エネルギー(自然エネルギーや気とも呼ばれる)を出し入れしていると考えられてきた。

その人体にある何千何万ものツボ(チャクラ)の中で、人体の中央に位置し、最も重要なツボ(チャクラ)が7つある!

この7つのチャクラは、それぞれに特殊な色を放っており、霊的鍛錬を積んだ指導者にはそれが肉眼で見えるという。また近年では、キルリアン写真などで、理学的かつ科学的にチャクラの存在が立証されている。

チャクラとはサンスクリットで「車輪・円」を意味する言葉で、チベット語では「コルロ」(khorlo)として知られている。インド起源の神秘的身体論である。


現在の西洋医学の最先端でもあるドイツ医療では、ここ数十年チャクラという概念を波動医療や波動療法に積極的に取り入れ様々な成果を上げている。


では、ここで簡単に7つのチャクラを紹介しよう!(^^)!

第1のチャクラ
ムーラーダーラ・チャクラ(mūlādhāra-cakra)
対応色:赤
元素:地
身体的位置:脊柱の基底にあたる会陰(肛門と性器の間)
「ムーラ・アーダーラ」とは「根を支えるもの」という意味

第2のチャクラ
スワーディシュターナ・チャクラ(svādhişţhāna-cakra)
対応色:オレンジ
元素:水
身体的位置:陰部
「スヴァ・アディシュターナ」とは「自らの住処」という意味

第3のチャクラ
マニプーラ・チャクラ(maņipūra-cakra)
対応色:黄色
元素:火
身体的位置:腹部の臍のあたり
「マニプーラ」とは「宝珠の都市」という意味

第4のチャクラ
アナーハタ・チャクラ(anāhata-cakra)
対応色:緑
元素:風
身体的位置:胸の中央
「アナーハタ」とは「二物が触れ合うことなくして発せられる神秘的な音」という意味

第5のチャクラ
ヴィシュッダ・チャクラ(viśhuddha-cakra)
対応色:水色
元素:虚空(アーカーシャ)・音
身体的位置:喉の中央
「ヴィシュッダ・チャクラ」とは「清浄なる輪」という意味

第6のチャクラ
アージュナー・チャクラ(ājñā-cakra)
対応色:マリンブルー
元素:光
身体的位置:眉間
「アージュナー・チャクラ」とは「教令、教勅」という意味

第7のチャクラ
サハスラーラ(sahasrāra)
対応色:紫
元素:神
身体的位置:頭頂
別名 ブラーマンの門として知られ、日本語に直すと「神の扉」という意味。また一説には千手観音の千手千眼はこのチャクラのこととも言われている。
このチャクラは他のチャクラとは違い身体的な次元を超越していると考えられており、時としてチャクラとして数えられないこともある!


さて、割と簡単にだが、チャクラを紹介してみた。
チャクラは我々の神経系と繋がっており、ホルモンや内分泌から各種臓器や器官などに必要なエネルギーを送っていると考えられている!

つまり、チャクラのエネルギーが乱れエネルジェティックなブロックが生じれば、身体の生命活動に必要なエネルギーが手に入らないことになる・・・!
中国でも気功や太極拳などで、チャクラを浄化しその気(エネルギー)を滞りなく身体に流すことが健康長寿には絶対に欠かせないとされている。


また、チャクラは我々の人格や性格、その時々の精神状態や感情状態、心理状態や思考状態にも多大な影響を与えている!
チャクラの乱れは、我々の言動や行動に影響を与え強いては運気にまで影響を与えるとされている。

実際に俺の経験上だが、これらは決して机上の空論ではない、長年冥想指導者として、人々に冥想やチャクラを教えてきたが、チャクラの健康不健康がその人の身体的健康や精神的健康に多大な影響を与えている事実を数多く見てきた。


また、チャクラの健康状態をサプリメントでサポートできることも分かっている。
サプリメントとは何か? 簡単に表現すると中国で言うところの漢方薬だ!

サプリメント(健康補助食品)で基礎的栄養を取れば、チャクラの健康チャージができるのである(*^^)v

チャクラの浄化や癒しやその能力開発に興味があるのであれば、俺的には日本シャクリーの製品をお勧めする!(^^)!

健康や基礎栄養に興味があるのなら、、もう迷う必要はない! シャクリーのサプリメントを飲んでみて欲しい!(^^)!

また、「栄養なら日々の食事で十分取れている!」という人は絶対に飲んでみてくれ! その元気が数倍に跳ね上がることにきっと驚くだろう(*^^)v


ちと、長くなったが、また次回の記事で会おう!


アディオス アミーゴ(@^^)/~~~
  


Posted by Besu3203 at 14:31Comments(2)チャクラ